イメージ画像

幼児の英語教育は何歳から始めるのがいいのか?

英語の勉強をはじめるのに最適な年齢は、いったい何歳なのでしょうか?英語を身につけるには、少しでも早くはじめたほうが良いと聞きますが本当なのでしょうか?

実際には、幼児は3歳になる前には、外国の言葉と自分の国の言葉を区別してないのだそうです。

そのためどちらの言葉も、関係なく吸収していくのだそうです

そのような事から、3歳までに英語教育をしたほうが良いといえます。

日本のことわざに、三つ子の魂百までと言う言葉がありますが、当たっていますよね!

このことわざ自体は、子供のころの性格は大人になっても変わらない、と言うことわざですが、3歳までに、いろいろなものが形成されているのが、わかりますね!

ただし、3歳より前に英語の勉強を始めたからといって、すぐに英語がしゃべれるわけではありません。

実際に何不自由なく英語を話せるようになるまでには、長い年月が必要です。

ある専門家の話では、一日に1時間英語をしゃべったとしても、英語がしゃべれるようになるまでに、14年かかるそうです。

2歳から英語教育をはじめても、16歳までかかることになります。

やはり、簡単にはいかないようですね!

ですが、少しでも早く始めたほうがいいのは、間違いありません。

幼児から英語を勉強したとしても・・・

3歳より前の幼児期に英語の教育を始めたとして、多少の英語が話せたと仮定します。

その場合大人になっても、英語を覚えているのでしょうか?

また幼少期を英語圏で生活していたとして、英語がぺらぺらだったとした場合。

日本に帰ってきたら、英語はどうなるのでしょうか?

そのへんのことについて、触れていきたいと思います。

実際に子供は、外国で暮らした場合、大人よりも現地の言葉を身につけるのが早いそうです。

生まれてからずっと8歳まで外国で暮らしていて、その後帰国して全くその外国語を話さない生活をした場合を仮定してみましょう。

そのような場合は、成長と共に、その外国語を忘れてしまうんだそうです。

意外だと思いませんか?

子供のころ覚えた言葉であっても、使っていないと忘れてしまうという事になります。

幼少期から英語を始めても、ずっと使い続ける必要があるようです。

幼児の英語教育最大の疑問・・・日本語はどうなる?

3歳より前の、幼児期から英語教育を受けている場合、日本語を覚えるのに、英語が支障をきたすのではないか?

と言う心配があります。

せっかく英語を話せるようになっても、日本語が片言ではお話になりません。

日本人なんですから!!

そのような残念な結果にならないかどうか、説明します。

結果から話すと、幼児期から英語教育を受けても、全く問題ありません。

複数の国の言葉を同時に習得しようとしても、片方の言葉だけ習得が遅れるような事はないのだそうです。

自然に頭の中から、言葉が出てくるので、混乱などはないようです。

周囲の状況に合わせて、言葉を使い分ける事が出来るのだそうですので、何の心配もありません。

このページの先頭へ